住まいづくり / 船橋市の工務店ならみくに建築へ

住まいづくり
  • HOME »
  • 住まいづくり

住まいづくりHousemaking

みくに建築では、生活スタイルや、家づくりの理想などを時間をかけてコミュニケーションをとります。
そして、出来る限り天然素材の建材を使用することで、目には見えない空気質・換気・熱・風の通り・心地よさ等の自然エネルギーを最大切にしながら具体的に家の形を築きあげます。
永く心地よく住み続けられる家のために、その地域や風土に寄り添った家づくりをご提案いたします。

ZERO ENERGYゼロエネルギー

最近、よく耳にするZEH(ゼッチ)という言葉。ZEHとは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略で、住まいや設備の高性能化により省エネ性を高め、さらに太陽光発電などの創エネ設備を導入することにより、暖冷房・給湯・照明・換気のエネルギー消費量をゼロ以下にする住宅を指します。

OMソーラーについて

太陽の熱を床下に取り入れることにより、床暖房や全館暖房といった快適さが得られ、床下のコンクリートの蓄熱効果は昼夜の温度差を少なくすることに役立ちます。
ZEHの対象となる暖房や給湯のエネルギーはいずれも20℃や40℃といった熱エネルギーであり、屋根の上に降り注ぐ太陽の熱をそのまま利用することは最も効率の高いエネルギーの使い方でもあります。電気などの高度なエネルギーはそれにしか使えないところで使いたいものです。

DESIGNデザイン

パッシブデザインと意匠設計を高いレベルで実現

パッシブデザインとは、太陽や風など、自然のエネルギーを住まいにたくみに取り入れる設計手法を指します。
例えば、夏と冬では太陽と風の位置付けは変わります。太陽の熱は夏はできるだけ避けたいところですが、冬は積極的に取り入れたいものです。反対に風は夏は取り入れ、冬は避けたいところです。
太陽と風を活かした住まいを考えるには、その土地の気象条件や周辺環境をよく考慮して設計することが重要になります。

パッシブデザインであるかどうかはZEHの基本性能として大きく影響するのです。

Passive-Designにおける5つのデザイン

パッシブデザインとは5つのデザインを、適切に建物に組み込む設計技術です。

様々なところでこれらのデザインは対立することがあるため、 いかにうまくその対立を解消するかがパッシブデザインの最大のポイントになります。

断熱性能を高めることは建物全体の保温性能を向上させ、様々なメリットを与えてくれます。

このメリットはとても大きく、逆に一定の断熱性能が確保されないときのデメリットがとても大きいため、建物に一定以上の断熱性能を組み込むことがPassive-Design Houseのベースをつくることになります。

断熱性能や保温性能を表す指標

建物全体の断熱性能の指標として「UA値」が、また断熱性能も含んだ保温性能の指標として「Q値」があり、実際にその建物がどの程度の断熱性能を持っているかを知るには、こうした指標を見ることが確実です。
以下に地域ごとの基準値(上限値)を示します。

地域 1 2 3 4 5 6 7 8
UA値の基準(W/m2K) 0.46 0.46 0.56 0.75 0.87 0.87 0.87
Q値の基準(W/m2K) 1.6 1.6 1.9 2.4 2.7 2.7 2.7 3.7
※UA値は平成25年省エネルギー基準、Q値は平成11年省エネルギー基準による
断熱性能(保温性能)を高めることによる冬のメリット

この「基準値」の0.7掛け程度に断熱性能(保温性能)を高めると、満足度の高い住まいを目指すことができ、冬のメリットも高いレベルで実現できるはずです。

  • 少ない熱で部屋を暖めることができる(省エネ性)。また暖房していなくても室温が一定に保たれる(快適性、健康性)。
  • 暖房している部屋と暖房していない部屋との温度差が小さくなる(快適性、健康性)。
  • 窓、床、壁などの表面温度が高く保たれる(快適性)。
左:屋根の断熱 右:壁面の断熱 適切に断熱材を選んで施工することで、建物の保温性が高まり、冬期の大きなメリットが得られます。

夏の暑い日差しを室内に入れないための日射遮へいは、夏期における快適と省エネを実現させるための基本中の基本です。

最近になって断熱性能はかなり注目されるようになってきましたが、日射遮へい性能についてはまだまだ理解や工夫が足らないように思います。

とくに「断熱性能(保温性能)を高めていくと、夏の室内が少しずつ暑くなっていく」という現象が起きるのですが、この問題を解消するには日射遮へいのデザインをしっかり考えることが何より重要です。

窓まわりの日射遮へい

平均的な性能の建物でレースカーテンを引く程度の日除けをしている状況では、夏に室内に入ってくる日射熱のうち70%程度が「窓から」になっています。したがって、この対策を考えないと確実な日射遮へいはできません。

ポイントは「庇や軒を考える」「窓の外側に日除け装置を設ける」というところです。またこうしたものは外観のデザインを決めることにもなるので、設計段階でしっかりと検討します。

すだれ。和風の外観に合う装置です。安価なのも魅力。

とくに南面の庇や軒は日射遮蔽効果が高くなります。(撮影:岩為)

シェード。
洋風の外観に合う装置です。

ルーバー雨戸や外付けブラインド。日射遮へいしながら風を通すことができ、夜の外からの視線も遮ることができます。

その他の日射遮へい

窓まわり日射遮へいを十分に検討することを大前提として、「日射が反射しやすい屋根や外壁の仕上げにする」「通気層を設ける」「屋根や天井の断熱性能を上げる」「庭の植栽を活用する」なども一定の効果があります。

落葉広葉樹や「緑のカーテン」は、夏には日差しを遮り、冬には日射を入れてくれる、自然のパッシブ装置です。

屋根や外壁に日射を反射しやすい素材を使うのも一定の効果があります。

レベルの高い通風のデザインを進めていくときのキーワードとして挙げられるのが「卓越風向」「立体通風」「高窓」「ウィンドキャッチャー」です。
建物の中での風の流れを予測しながら窓の配置や大きさを考えることを基本に、こうしたキーワードを建物に組み込むことがポイントになります。

通風のデザインに参考となる、各地域における卓越風向のデータ。

吹き抜けを通じて上下に風を通す「立体通風」。

最上階の上部に設ける「高窓」。建物に溜まった熱を排出させる効果は劇的です。

袖壁のデザインを工夫して、風をつかまえて流れを変え、室内へ取り入れる「ウィンドキャッチャー」に。

昼光利用のデザインが目指すのは、昼間に人工照明を点けなくても過ごせるようにすることであり、また自然光による快適な明るさを実現させることです。
そのときの基本は「昼間に長く過ごす部屋には2面に窓を設ける」「それ以外の部屋には少なくとも1面に窓を設ける」ということなのですが、他にも様々な“技”があります。

室内ドアを透明や半透明にして、光を共有する“技”。

天井に近い場所に設置する窓から光を落とす“技”。

光を通す欄間にして、隣の部屋に光を届ける“技”。

吹き抜けで上から下に光を落とす“技”。

「日射熱利用暖房」とはその言葉の通り、冬に日射熱を室内に採り入れて暖房に使うという設計技術です。

このときに重要になるのが、日射熱を採り入れる「集熱」、入った日射熱を逃がさないための「断熱」、入った日射熱を蓄えておく「蓄熱」の3つのデザインをしっかり考えることです。

この3つが高いレベルで実現できれば、快適性と省エネルギー性が極めて高い建物になります。
ただし、地域によっては日射熱利用暖房があまり効果的ではない場合があったり、敷地の南側に建物などがあると冬の日射が遮られ十分な集熱ができないため、事前の検討を行うことが重要です。

南面の窓を大きく取り、しっかり集熱する
パッシブ地域区分(PSP区分)による日射熱量暖房効果の判断
確実な集熱のために日当たりなど立地条件に関する事前の検討

また、みくに建築では、自社一貫対応を生かしたハイセンスなデザインと、それを実現する技術、柔軟な対応力でサービスをご提供しております。

SEISMIC耐震

構造計算で 3等級を確保します。(画像が入ります。)

建築構造・工法を熟知した専門技術者により、適切な耐震診断・補強設計を行い、「地震に強い家」をご提案いたします。 長期優良住宅認定の取得と木造構造計算(許容応力度法)して、耐震等級3を得る設計を前提にしています。

耐震等級3とは

耐震等級1というのは、建築基準法をクリアしている強さのことで、震度6強程度の地震がきても倒壊しないことという風に定められています。

耐震等級3とはその1.5倍の強さ震度6強~7の地震でも、軽い補修程度で住み続けられるレベルになります。

PRICE適正価格

みくに建築では住宅を建てる上で、お客様のご予算を意識した家づくりをしています。

「品質を落とさない上で、お客様のご要望を満たしているか、ご予算内に収まっているか」
この大前提に基づいた “適正価格による施工”は当然です。

お金をかけた、それだけの価値がその住宅になければなりません。

過剰な広告宣伝、展示場(モデルハウス)など・・・。住宅メーカーがかけるこれらの経費は、工事価格に加えられ、結果的にお客様のご負担となります。
みくに建築では、これらの無駄な経費をかけず、その分を住宅にまわしています。

実際の当社の施工事例を確認されたい方は、ご連絡をいただきましたら、建築中の現場見学や完成後の見学会や実際のお客さまのお宅を見て頂けます。

当社の価格が適正かどうか判断いただくために、初期プランニング及びお見積りは無料でさせて頂いております。

是非お気軽にご連絡ください。

PAGETOP